私は最近中古車を買い換えています。

中古車を選ぶ際に気をつけるべき点とは

私は最近中古車を買い換えています。 中古車の購入を検討している人も多いと思いますが、そもそも中古車とはどういったものなのでしょうか。中古車の定義とは、様々な自動車メーカーで生産された後、一度でも自動車登録をしたことのある車両のことをいいます。過去に一度でも自動車登録された車であればいいので、全くの未使用者でも中古車ということになります。しかし、一般的には、過去に一人または複数名のオーナーが存在し、何らかの理由で車を中古車屋に売却されたものが中古車です。中古といっても以前の所有者がしっかりと車を大切にメンテナンスしていれば、品質やコンディションもしっかりと保たれているので、30年以上前の車でも何の問題もなく公道を走れます。逆にメンテナンスを怠り、車検も毎回、ギリギリの予算で通してきたような車は、5~6年前のものであってもすぐに調子が悪くなってしまいます。

つまり、メンテナンスの良し悪しが中古車のコンディションに大きく関わってくるということです。また、最近は法の目が厳しくなっており減少傾向にはありますが、中古車ディーラーの中には、車の修理履歴を隠したり、走行距離を短くしたりして、販売している悪質なところも存在します。そのため、中古車を選ぶ際には、ディーラーの営業マンの言葉をうのみにするのではなく、自分自身で車の知識をしっかりと持って、品質やコンディションを見極めることが大切です。